FC2ブログ

還暦に、赤いドリズラーを。


昔々のことであります。

後に私の妻となってくれた女性と交際を始めたばかりの頃、「一緒にいるときは着ないで欲しい」と着用を禁じられた悲しい服が2着ありました。

一着は、ラングラーの赤いチャンピオン・ジャケット。

もう一着は、画像のシュガーケーンのヴィンテージ風ドリズラー。こちらもやはり色目は赤。

これは少しばかりショックな出来事でした。何しろ、どちらも大のお気に入りだった服で、ラングラーに至っては、当時の私にとっては余所行きに近い服だったのですから。

こうして封印してしまった2着の赤ジャケット。このブログ開始間もない頃に一度撮影したきり、衣装ケースの底で押しつぶされておりました。

ところが、今朝の新聞広告に、元祖であるマクレガー社の、50年代風ドリズラーが載っているのを見て、どうしてももう一度袖を通したくなり、妻と娘が寝静まった夜中にこっそり着用してしまったのです。

レーヨン混紡のサテン裏地は滑らかで心地よく、着古した洋服特有の着心地が安心感を与え、色あせたとはいえ、赤いボディが昂揚感と、すっかり忘れ去っていた反骨心を呼び覚まします。

「ああ、やっぱりいいな・・この服。」

しかし、鏡を覗くと、悲しいくらいに似合っていません。若さと反骨心を失ったおっさんに、ジェームズ・ディーンのアイコンでもある(ディーンが着ていたのはドリズラーではないのではという説はさておき)このジャンパーが似合うわけもないのです。

それでもやはり、「着るものの力」は強く、グレーのジャージを脱ぎ捨てて赤いドリズラーを羽織ってしばらくすると、なんだか少々気の巡りがよくなってきたようです。

そういえば我が国には、還暦を迎えた人に赤いちゃんちゃんこを贈る、という風習があるそうですので、私も還暦を迎えたあかつきには、ちゃんちゃんこではなく、赤いドリズラーに再び袖を通そうと思います。

そのころになれば、妻も諦めて何も言わなくなるに違いありません。このジャンパーを着て、リーのGパンを履いて、ファントムのロッドとマグサーボを持って、近所の川にナマズを釣りに行きたいものです。

スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
ウチのカミサンも、私が当時モノのホンダトリコロールのジャケット着ると、あまり良い顔しません、、笑

baja9631

2014/10/19 16:03 URL 編集返信
No title
bajaさんも肩身の狭い思いをされていらっしゃるのでしょうか。

でも着用禁止じゃなくてよかったですね。ご子息も味方になってくれそうですし・・。

カッタウェイ

2014/10/19 17:18 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>