FC2ブログ

楽しかった昭和の切手集め・切手交換

妻の実家に預けっ放しになっていた小学生時代の切手帳を回収してきました。
 
ストックブックっていうんでしたよね。忘れていました。
 
久しぶりに昭和の切手を眺めていたら、「綺麗だし、安い(すごく高いのも勿論あったけれど)し、交換するのも楽しかったし、いい趣味なのに、どうして廃れてしまったのだろう?」と不思議な気がしてきました。
 
その時代の雰囲気がにじみ出ていますし、色々な出来事が分かったり、名画との出会いがあったり、いいことずくめなのに。
 
記念切手が乱発されたとか、値上げ目当ての買いあさりがあったとか、色々な情報を目にしますが・・。
 
切手集めが廃れだした(多分)1980年代というのは、物事の価値を判断する尺度として、「明るいか、暗いか」が重視され過ぎていた時代であったように感じますので、「切手集め=暗い=カッコ悪い」となってしまったのも大きな要因だったのではないかと思います。
 
私も、クラスメートと交換し合った大事な(大事だった)切手を、バンバン使ってしまい(古い切手は額面が小さいので沢山貼らなければ送れなかった)、手元に残っているのはわずかこれだけです。
 


 
黒田清輝の「湖畔」は切手で知りました。他にも、小学生時代に切手を通じて知った絵は沢山あります。
 
右中段左の外国切手(白いアリクイ?のもの)はニカラグアの切手でした。アレクシス・アルゲリョがロイヤル小林を倒したよりちょっと後くらいの切手かな・・。
 
左側のこけしの切手は1950年発行。ジーパンだったら501XX革パッチの時代なのに、切手だとクラスメートが持っていたりする(多分、親から譲ってもらったのだろう)のです。
 
額面が7円だったり、20円だったりするのを見て、物価の上昇に思いを馳せることもできる・・。
 
つくづく、いい趣味なのに勿体なかったと思うのです。「いせえび」とか「たい」とかひらがなで書かれていた魚の切手は好きだったのになぁ・・。
 
今さら買い直す気にはなれませんが、思い出のこもった自分の切手は取っておけばよかったと悔やまれてなりません。
 
恐らく今でも簡単に入手できる切手なのでしょうけど、クラスメートに交換してもらった楽しい思い出は買うことができませんものね。
 
 
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
こちらではお初になります、革靴はじめ述懐の深さに感服しきりですm(_ _)m

切手収集、今はほとんど聞かれなくなりましたね。

切手と同じく昔はマイナーの代表格だった鉄道好きは現在メジャーな趣味といえるくらいに昇華しましたが。

インターネットの普及が収集という作業の垣根を低くし、電子メールが切手自体の必要性を限りなく下げたのが原因かな。

また、美しいチャーチを見させてください(^_^)

ヨウイチ

2015/01/06 16:05 URL 編集返信
No title
ヨウイチさん、お越しいただきありがとうございます。

そういえば、鉄道ファンは生き生きと活動しておられるように見受けられます。

収集が圧倒的に容易になったことで、古物の価格は大きく変動したように感じています(大きく下がるものもあれば上がるものもあり)。
随分とその恩恵は受けているのですが、子供時代の切手交換のようなワクワク感は味わえませんね。

お手持ちの旧チャーチの復活劇を期待しています。

カッタウェイ

2015/01/06 19:32 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>