FC2ブログ

オニツカタイガーの「モントリオール’76」

アシックスタイガーの最高傑作、モントリオールⅢ。その前身たるモントリオールⅡ

スニーカーバブル時代、この2種類のモントリオールは、比較的容易に見つけることができたのですが、モントリオール1とでもいうべき、初代モントリオールの正体を突き止めることはできませんでした。

「これがモントリオール1に違いない!」と思ったモデルでも、後から箱付デッドが出てくれば「モントリオールⅡ」としっかりスタンプされていたり・・。

そもそも「エクソシスト」や「エイリアン」の初代が「エクソシスト1」とか「エイリアン1」という名称でないのと同様、初代モントリオールも「モントリオール1」ではなく、ただの「モントリオール」かまた違う名前だったのではないか・・。

そんなことを考えている間に、ネット時代が到来し、以前とは比較にならないほどの情報を入手することができるようになりました。

このブログでは、「初代モントリオールは1970年代半ばまでに発売された「モントリオール’76」というモデルだったのではないか」というところまで記事にしておりましたが、その後に入手した情報で、モントリオール’76の全容を概ね把握することができました。

あいにく、入手したわけではないため、画像を載せることはできません。私の汚い絵でご容赦ください。




クッシュホールがないのは当然として、ソールがかなり華奢なのと、樹脂製のトゥガードが付いているのが
特徴でしょうか。

あとは、ヒールカウンター上部(真後ろ)に「TIGER」等の記載が一切ないというのも’76のユニークな点ではないかと思います。

私が確認できた色はライムグリーン×白。

ほかにレディスで白×赤(オールレザー)という出物もありました。

華奢なコルテッツと重厚なモントリオールⅢの魅力をミックスしたような中庸の美。

現在のオニツカタイガーブランドが、このモデルを完全復刻しないのが不思議なくらい、魅力的なモデルです。

モントリオールオリンピックから40周年となる来年春の発売を目指し、是非今から復刻の企画を起こして欲しいと願わずにはいられません。

【2016.2.22追記】
1975年のランナーズワールドマガジンの広告にモントリオール'76の広告が掲載されており、発売当初のカラーは赤×白または青×白であったようです。

【2016.2.27追記】
モントリオール'76の箱を目にすることができました。そこにはT-28 MONTREAL と記載されています。

【2016.3.4追記】
1974年5月のRunnners World にモントリオール'76が掲載されていたようです。

「ナイキ クロニクル」にもモントリオール'76が掲載されているらしく、1974年と書かれているようなので(この本、買いそびれました)、モントリオール'76登場はこの時期であったかと思われます。

スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>