FC2ブログ

弔事のスーツを準備する(その1)

「喪服と黒のビジネススーツとは何が違うのですか?」

これに対するネット上での回答は、そもそものフォーマルウェアの考え方に基づくのか、日本の慣習を重視するのか等々により考え方が異なるためか、必ずしも統一されているとは言えず、多くの質問者を一層混乱に陥れているのではないかと心配になります。

いくつかの見解をご紹介しますと・・・。

【その1:黒いビジネススーツ否定派】
本来、黒のビジネススーツというものは存在しない。ビジネススーツはグレーまたは紺であるべき。黒いスーツは弔事のときしか着るべきでない。

【その2:黒だってダークスーツの一種派】
ビジネスで黒を着ても許されないわけではない。ただし、黒だろうがミッドナイトブルーだろうがダークグレーだろうが、どれもこれもダークスーツに過ぎず、フォーマル度という点では同じレベル。ただし、お通夜はさておき、お葬式では黒しか身に着けるべきでない。

【その3:喪服と黒スーツは違う派】
喪服に使う黒は、黒さの度合いが違う。見る人が見れば分る。
→いわゆる「喪服」として使われる炭のような乾いた黒色のことを指すと思います。日本独自のルールであると思いますが、参列者等にこのような意識が強いのであれば、不快にしないような配慮は必要かもしれません。


以上です。

私自身は【その1】に所属しておりますが、いつの間にかリクルートスーツも黒が基本になってしまったと聞きますから、マイノリティとして駆逐される運命かもしれません。

さて、そんな私でありますが、思うところありまして、このたび弔事用のスーツを用意することにいたしました。
(これまでは倒産した量販店の黒スーツを着ていた。)

弔事用ですから、控えめで参列者やご遺族を不快にしなければそれでいいと思うのですが、唯一譲れないのは生地の重さ。つまり保温性があることです。

一般的なフォーマル用のバンチを見せてもらったのですが、炭黒の生地はどれもこれも涼しそうなものばかり。

私は冷えに非常に弱い上、弔事は冬場に多い傾向があることから、「もう少し分厚い生地はないものか」とフィッターさんに確認してみるも、これでも重たい部類なのだそうで・・。

仕方がないので、これまで一顧だにしてこなかった「黒い生地」を、重たい生地が得意なマーチャントから個人輸入してみることにしました。

バンチが手元にないので、果たして喪服に使えるかどうか確信が持てないまま注文確定。目付は300gとさほど重くないのですが、向こうが透けて見えるような生地ではなさそうです。

【喪服に関する2、3の疑問】
1)シングルかダブルか。
→諸説あるようですが、年配の方には炭黒のダブルが受け入れられやすいのだとか。私はシングルのスリーピース(保温性も高いので)でノーベント、フラップなし、裾はシングルというのが良いのではないかと思っています。

2)シャツはシングルカフスかダブルカフスか。
→シングルでなければダメという意見もあれば、ダブルが原則という意見もあり、よく分りません。
ダブルカフスなら、メタルプレートに黒オニキスに限り可、という意見もよく見かけます。あれは夜の準礼装(タキシード(ディナージャケット))で黒のボゥタイに合わせるものかと思っていたのですが、そうでもないのでしょうか。

確かに、弔事に光ったり色がついていたり、という小物は相応しくありませんから、あれこれ悩むより、シングルカフス(ボタン留めの)にしておくのが無難そうです。

3)喪服のボタンは3つ穴が正式?
これは仕立て関係者から聞きました。
2つ穴のホーンボタンを取り寄せたことはありますが、3つ穴とは。国内限定ルールなのでしょうか?


続きます・・多分。
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
あんぶろーしあです。
私的にツボな記事ばかりで嬉しいです!!
続き、楽しみにしています~♪

流行りはともかく、ダブルは似合う方と似合わない方がはっきりしているように思います。
私もカッタウェイさんと同じく、新しく作るならシングル✕シングルですね。
シャツもシングルカフスが無難な気がします。
うちは身内の法要が夏が多いのですが、主人は夏でも長袖シャツ派で、
シングルカフスを着ていますが、スッキリな印象でした。

そんな主人はいまだにダブル✕ダブルの喪服です。
身長のせいかあまりに貫禄がですぎているので、シングルを新調したいです。

cow*n*1

2015/02/25 02:03 URL 編集返信
No title
あんぶろーしあさん、ありがとうございます。ご主人はダブルをお召しでしたか。おっしゃるとおり、似合う方とそうでない方がはっきり分かれるような気がしています。イングリッシュドレープのダブルに憧れはあるものの・・。

来週には生地が届くと思いますので、また続きを書かせていただきます。

カッタウェイ

2015/02/25 21:45 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>