FC2ブログ

弔事のスーツを準備する(その2)

前回の記事はこちらです。

取り寄せていた生地があっという間に届きました。もはやベルメゾン並みのクイックデリバリーです。

300gそこそこの生地なのですが、それなりにズシリときます。
保温性・・これだけは譲れない要素なので、とりあえず寒くなさそうな生地が手に入って一安心です。




唯一の弔事対応靴であるチェルシーと並べてみました。

チェルシーの黒と比較すると、なんだか紺生地のように見えてしまいますが、間違いなく黒であります。

「ミッドナイトブルーのほうが写真では黒っぽく見えることがある」とフィッターの方が仰っていましたが、こういうことなのでしょうか。だからといってミッドナイトブルーで作る勇気もなく・・。

この生地を眺めまわしていて気付いたのですが、私はこれまで黒い服をあまり着ておらず、愛用するに至ったことは一度もないようです。

【過去のブラック服飾品】

1)MA-1(アルファ社製:1987年頃)→セージグリーンにすればよかったと後悔し友人に売却

2)M-65(アルファ社製:1988年頃)→オリーブドラブにすればよかったと後悔し友人に進呈

3)D3Aレザーグローブ(プロトタイプのデッド)→あまりの革臭さにどうしてよいかわからなくなり、ついには行方不明に。

4)ショットのWライダース→バンソンが欲しくなって後輩に売却

5)バンソンのWライダース→30代に突入した頃、Wライダースを来た自分に違和感を感じて売却

6)ナイキのマッハランナー→一度だけ履いて、天袋に鎮座。

7)アディダスのフォーミュラ1→一度だけ履いて、天袋に鎮座。

こうして振り返ってみるに、私はやはり昔から黒い服が苦手であったようです。

そうそう、大昔にDCブランドブームがあって、黒ずくめの「カラス族」という人たちがいたらしいなぁ・・と古い記憶がよみがえってきたので、ググってみたら、「ハウスマヌカンと呼ばれたショップの販売員・・」という説明が出てきて、目頭が熱くなってきました。

そういえば、「夜霧のハウスマヌカン」という曲、ありましたね。「社販で買った黒ドレス・・・」

私が好きなロキシー・ミュージックの「JUST LIKE YOU(君の如く)」という曲のCDに付いてきた歌詞カードでも、「Fashion house ladies 」を「ハウスマヌカンたち」と訳してありましたっけ。

マヌカン刈りなんていう言葉もあったような・・どんな髪型か、てんで知らないのですが。

スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>