FC2ブログ

弔事のスーツを準備する(その3)

早速、生地を持ち込んで注文を入れてきました。

今回は趣味の服ではないので、できるだけ予算を抑えたいと相談したところ、普段は勧めてこないパターン・オーダーのファクトリーに回してくれるとのこと。

自由度や補正の限界は大きく低下しますが、出来上がりを見せてもらうと、悪くない出来です。

パターンオーダーの限界に挑むくらい、沢山の指示を入れたそうです。仮縫いなしの一発勝負なだけに間違いは許されません。

ダブルかシングルかでかなり悩んだのですが、結局はシングルのスリーピースでお願いすることにしました。

するといきなり、ラペルをピークにするかノッチにするかで意見が合いません。私は今まで、シングルのピークドラペルは1930年代の徒花だと思っていたのですが、フィッターさんが「一般的に、国内で」の前提付で提示したいわゆる「略礼服」の仕様は以下のとおりです。

【ジャケット】
・シングル1釦
・拝み釦
・ピークドラペル
・ノーベント
・腰ポケットはフラップなし
・袖釦は3個ないし2個
・袖裏は白、胴裏は黒

【ベスト】
・5釦ないし6釦で遊び釦なし(すべての釦を留める)
・ポケットはなし、あるいは両縁(ジェットポケット)
・バックアジャスターは、あってもいいがないほうがいい
・ラペルはなし
・背裏は黒、裏地は白

【パンツ】
・ベルトレス、サスペンダー仕様
・ポケットはバーチカル(縦ポケット)
・ピスポケットはなし、あるいは付けるならフラップや釦のないもの
・タック(プリーツ)は体型に応じて
・裾はシングルのモーニングカット

こんなところだそうです。ディレクターズスーツを全部共地にしたようなイメージだと仰っていました。

インターナショナルな感覚とは異なるかもしれないが、国内で着用するならこの仕様が定番だとのこと。

・・一応、提案どおりの仕様でオーダーを入れてきました。

家に帰って色々調べてみると、例えディレクターズスーツであっても、ピークドラペルは必須ではないようですし、モーニングコート用のベストでも箱(ウエルト)ポケットを4つ付けていたりしますねぇ・・。

ともあれ、これは趣味の服ではありませんので、今回は言いなりになることに決定。

娘がいつかお嫁にいくとき、リネンのベストとコールストライプのパンツ、それにマックルズフィールドタイを合わせれば、慶事用にも使えるのかもしれません。

待ち遠しいような、そうでもないような。

さて、明日は本日発売された「小学一年生(入学おめでとう号)」を買いに行くか・・・。

私が子供の頃は300円そこそこで、お店の人が4個入りのフルーツガムまで付けてくれたものですが、値段を見たらなんと980円!

ジバニャンの目覚まし時計がついてくるから高いのかもしれませんが、定価を上げる場合は「ついてくる」とは言わないような気がするような、そうでもないような。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>