FC2ブログ

大須のペンランドカフェで持ち込み修理を依頼:コンウェイ・スチュワートのディンキー編

名古屋市(大須)にあるペンランドカフェというお店に行って、コーヒーを飲みつつ万年筆の修理をしてもらいました。

カフェの店内に万年筆(新品もヴィンテージも)が売られていて、なんと持ち込み修理も受け付けてくれるという不思議かつありがたいお店。一度行ってみたいと思いながら、なかなか機会がなくて実現しなかったのです(出不精)。

書き出しがかすれまくるコンウェイ・スチュワートを見てもらうと、「ペン先が浮いている」とのこと。ペン芯とペン先が「結婚」していないということのようです・・。

あとは、なんでもサックが中でねじれていたそうです。首軸が緩いので、無意識に回転させていたようです。

ありがたいことに、この程度の修理であれば、その場で直して下さるようです。コーヒーを飲んで万年筆の本を読んでいると修理が出来上がるという・・・こんな贅沢をしていいのだろうか。

修理代は税抜きで3千円。書き出しのかすれは完全に解消しました。思えば昨年9月に入手して以来、ストレスなく書けるようになったのは今日が初めてです。

お店の方曰く、「この時期(1950'S)のコンウェイは作りが良いので長く使える。」とのこと。サック交換にも対応いただけるそうです。

お店にあったヴィンテージ万年筆(特にモンブランの252とビッグレッドジュニア)も大変魅力的でした。名前は忘れましたが、ワッフルのようなお菓子も美味しかったです。
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>