FC2ブログ

ミクロイドSと小公女セーラ

娘が「パソコンで妖怪ウォッチを見たい(GYAOストア)」というので、甘やかしてはいけないと思い却下するも、執拗な反撃に根負けしそうになり、折衷案として別のアニメ(無料)を見せようと思い至りました。

私が最初に選んだのは、手塚治虫原作の「ミクロイドS」。

人類を滅ぼそうとするギドロンによる昆虫たちの襲撃の恐怖。それに完全と立ち向かう3人のミクロイド。果たして、人類には地球の統治者たる資格があるのか・・?

「こころを忘れた科学には・・幸せ求める夢がない・・」

主題歌も素晴らしい。次期科学技術基本計画の骨子にしてもいいくらいです。

しかしながら娘は一瞥しただけで完全無視。私もマンガは好きだったけど、アニメはちょっと雰囲気が異なるので閲覧断念。

そういえばマンガ版では、高名な科学者が昆虫に襲われ(デパートの中だったかな)慌てて棚の香水を自分にかけ、息をひそめていたら虫に襲われなかった、というシーンがあったっけ・・。

あれを真に受けて、「草むらに行くときは香水をつけると虫に刺されにくい」と信じていた時期があったけど、ハチなんかは怒って刺してくるから絶対にやっちゃいけないって書いてあったなぁ・・。

そんなことを思い出しながら、次に選んだのは、ハウス食品劇場の名作「小公女セーラ」。

聡明で謙虚で優しく芯の強さまで持ち合わせた、非の打ちどころのない性格のヒロイン。セーラといえばアルテイシアではなく、やはり小公女。

意外なことに、娘ばかりか妻までがやってきて画面に釘付けに。

セーラーのお父さんが着ていたカバートコート(?)は上衿がこげ茶のベルベットになっていて、父(私)まで見入ってしまいました。

これを見せれば、娘も改心して、品行方正で優しく、慎み深く慈愛に満ちたプリンセス・・を目指そうとするだろう、と思ったのですが、終了後にはセーラのことなどすっかり忘れて、またしても「妖怪ウォッチ」のバクの話を見せろとせがみ出し、根負けした父はひそかに貯めたヤフーポイントを放出して、ゲラゲラポーを買う羽目に陥ったのでした。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>