FC2ブログ

発掘。1981年「アシックスタイガー公式カタログ」

腰を抜かさんばかりに驚きました。よくこんな古いカタログが残っていたものです。

そして、よくもまぁ、私の手元にやってきてくれたものです。

これで私のアシックスタイガー自由研究もひと区切り。これまでモデル名やカラーバリエーション等が分らなかった製品も、かなり解明することができました。

それにしても、先日1981年のランナーズを2冊手に入れたばかりで、今度は1981年の公式カタログ。なんだか呼ばれているようです、34年前に。



表紙です。初めて見ました。A4サイズで、スポーツシューズブックよりかなり大きいです。

表紙にスパイク(タイガーパウDS-5800)を持ってくるあたり、アシックスの本気度がビリビリ伝わってきます。



表紙をめくると、そこには発売されたばかりのスカイセンサーが。

グレーも人気があるようですが、私はやはりこの水色のスカイセンサーが好きです。



引き続き、モデルはスカイセンサーが務めます。アシックスのサイドライン(タイガーストライプ)の機能の説明には、赤×金のアルティメイトが使われていますね。



つま先のデザインと機能について

モデルは左上から時計回りに、ローンシップチャレンジャー、リンバーアップモスコー、シャペXL-81、アルティメイト、であると思われます。



ソールあれこれ。クッシュホールのモデルは、アルティメイト、ホノルル、タイグレスDX、リンバーアップモスコーでしょうか。



ソールあれこれ(続き)。

ヒールの巻き上げは、着地時の接地面を広げるためだったのですね。私は当時、足を投げ出して座ったとき、カカトが安定するからかと思ってました・・。



ソールのパターンも色々ありました。アシックスにも「ワッフルソール」と名付けられたソールがあったのですね・・。ソールそのものには見覚えがあるのですが、名称は今日まで知りませんでした。



探し求めていた、初期アシックスタイガーの製品ページ。確か1982年か83年のカタログでは、製品ごとに自己評価(耐久性や屈曲性など)が書かれていたのですが、この時代にはまだ記載されていません。

よく見ると、ソールロゴがアシックスタイガーのものとオニツカタイガーのものが堂々と混在しているのが分かります。

リンバーアップスペシャル、白×赤と白×青の表革だけだったと思っていたら、牛革ベロアの青×オレンジのモデルもあったのですね。



廉価版のリンバーアップESが載っています。リンバーアップスペシャルと瓜二つ。一見、クッシュホールがないだけが違いであるように見えますが、ソールも異なりますし、スペシャルのアッパーがステア表革と書かれているのに対し、ESはスプリットレザーと書かれています。

つまり、スペシャルは革の表面(銀面付)を使用しており、ESは床革を使っている、ということであるようです。しかしながら、1982年か83年のカタログでは、ESの素材をステア表革と紹介していたような記憶があるのですが・・。

リンバーアップスペシャルのほうが先に廃版になっていますから、その後、ESのアッパーを床革から表革にグレードアップしたのかもしれませんね。

ESは、けっこうデッドストックが残っているようですから、入手してアッパーを調べてみるのも面白そうです。

さて、次のページからは、いよいよジョギングシューズが登場します。

涙で画面が見えなくなってきたので、ジョギングシューズについてはまた次回・・。


スポンサーサイト



コメント

コメント(15)
No title
カッタウェイさんの嬉しさが何だか良く分かります、、、。
そして自由研究が一区切りって気持ちも良く分かります。憶測で色々言ってた自由研究が、全て解明されると一旦落ち着きますよね~

baja9631

2015/08/16 01:04 URL 編集返信
No title
bajaさん、ありがとうございます。ほんの(?)35年前に国内であれほど流通していたスニーカーなのに、ブツも画像もあまり手に入らないという不思議。

思えば自由研究の題材には最適でした。それにしても、知らないモデルが(レディス中心に)まだまだ存在することを知り、驚きましたです・・。

カッタウェイ

2015/08/16 12:27 URL 編集返信
No title
カッタウェイ様

素晴らしいカタログを発掘されましたね。興味津々です。
スカイセンサー懐かしくて涙が出てきます。
はき心地はかなり良かったと記臆しています。復刻版とは違って、ミネソタと同じ様に脱着式のインナーソールでフカフカだったのを覚えています。しかも超軽量。
アウターソールの幅も貧弱な復刻版とは違い 幅広でかっこ良かったのを覚えています。底のゴムの部分もゴムではなく、スポンジみたいな材質ですり減りが早かったと記憶しています。それだけアシックスが軽量化に『本気』だったということでしょうか…

当時 親に買ってもらう時に、個人的には空気穴の開いたモデルが欲しかったのですが、軽いシューズの方が足には良い…と親に説得されて渋々スカイセンサーにしたのを覚えています(笑)今思えばこの頃から自分の意思を通せない自分が居たのかと 情けない気持ちになります(笑)

Sonny

2015/09/22 15:13 URL 編集返信
No title
Sonny様、82年より前のカタログは見たことがなかったので衝撃の出会いでした。スカイセンサーは軽さを追求するあまり、アウトソールの摩耗性を犠牲にせざるをえなかったとか、そんな説明書きを読んだことがあります。そういえばスカイセンサーにはクッシュホールがありませんね。ランナーズ’81だったか、ドリルでクッシュホールを開けるやり方が掲載されていました。

カッタウェイ

2015/09/22 18:17 URL 編集返信
No title
ドリルでクッシュホールを空けるやり方が掲載されていたのですか?興味津々です。安いシューズを買ってきて試してみようか…(笑)

宜しければ、空け方のページをいつかブログに載せてください。

Sonny

2015/10/02 14:18 URL 編集返信
No title
Sonny様、あらためてランナーズを読み返してみましたところ、「ランナーの中には、クッション性を高めるために自分でクッシュホールを開ける人もいる」ことと「クッシュホールを自分で開けるには、ドリルを使うとうまくいく」と書かれているだけでした。

イラストで、アシックスのリンバーアップSPのような角型のクッシュホールから、空気?が抜けていくイメージが描かれています。具体的な穴あけの方法が説明されているわけではありませんでした・・。失礼しました。

私も安いスニーカーで実験してみたいです。

カッタウェイ

2015/10/03 20:19 URL 編集返信
No title
カッタウェイさん
こんばんは。
御連絡いただきましてありがとうございます。
なるほど。自分でカスタムしている方々が居たという事ですね。

ドリルは手動ですが、バス釣りのルアーを自作するときに使っていた物がありますので、やるならそれを使ってみます。

後は実験台になるシューズが問題です…(笑)

Sonny

2015/10/04 18:52 URL 編集返信
No title
Sonny様、ドリルでのクッシュホール開通、「本当にクッシュホールには衝撃吸収効果があったのか?」というかねてからの疑問に決着をつけられるかもしれないので、私も是非試してみたい・・のですが、確かに実験台にするローテクシューズが問題です。引退が見えてきたエイシャンを使ってもいいのですが、最初からホールが空いているし・・。

カッタウェイ

2015/10/04 20:08 URL 編集返信
No title
リンバーアップSPのスエード版。当時中学数学の先生が履いていたのを思い出しました。これつま先の補強の形状がSPとちがってたので別の型番のものかと思ってました。

aut*_ha**

2016/06/04 12:07 URL 編集返信
No title
つづけて失礼します。リンバーアップモスコーは中学生の時型落ちして安くなってたのを親に買ってもらったのを憶えています。グレーx黒で高級感があって渋くって履き易くてアシックスの中で一番好きなモデルかもw現在青x黄のものをヤフオクで手に入れた者を所有しています。良く似たオニツカ版?アウトソールはアシックスロゴというへんてこなモデルも持ってます(海外仕様?)

aut*_ha**

2016/06/04 12:15 URL 編集返信
No title
リンバーアップSPのスエード版やモスコーには縁がありませんでした。スエードのアシックスやオニツカは教員用というイメージが強かったように思います。

海外ではオニツカロゴがアシックス時代になってからも一定期間使われていたのでは?と最近思っているので、お持ちのモデルは大変興味をそそられます。

カッタウェイ

2016/06/04 12:38 URL 編集返信
No title
画像が投稿できれば是非お見せしたいのですが、ヒール部のTIGERロゴの下にSpecialだったかの文字が刻印されてます。ヤフオクで落札した物です。色は黄色x濃い紺だったかな...

aut*_ha**

2016/06/04 13:14 URL 編集返信
No title
> aut*_ha**さん
スカイセンサーの選手向け特別仕様で、ヒールブリンカーにJAPANとだけ書かれた特注品の画像を見せていただいたことがあります。

お持ちのモスコーも、特別仕様のものだったのでしょうか。ナイキではヒールブリンカーに選手の名前等を入れたものを時々みかけました(ヴィンテージで)が、アシックスは自力で探していた(古いスポーツ用品店などで)ため、市販品しか見たことがないのです・・。

カッタウェイ

2016/06/04 13:44 URL 編集返信
No title
オニツカのモスコーもどきに関してですが、ディティールはほぼ同じなのですが微妙にちがうんですよね。つま先のベンチホールの並びとか、ベロの素材の形状、モスコーはアッパ素材が四角く抜けていて中はナイロン素材になってますが、オニツカラベルの部分だけアッパー素材です。またアッパー素材に関してもモスコーは起毛の細かい人口スエードですが、リアルなスエードっぽい人口スエードです。
アウトソールはモスコーと同じでロゴもアシックスです。ヒール部のタイガーロゴもブロック体となっております。オニツカ特有のラインの劣化もみられませんでしたし、
もしかしたら日本では販売されなかったものなのかもしれませんね。

aut*_ha**

2016/06/04 20:17 URL 編集返信
No title
モスコーのことはまるで詳しくないのでよく分からないのですが、興味深い仕様ですね。

オニツカの最大の急所であるラインの劣化がないのも魅力的です。仰るとおり国内未見モデルかもしれませんね。

カッタウェイ

2016/06/04 21:01 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>