FC2ブログ

G-1の左ポケットに秘められしペン挿し

寒い日が続きますね。

全国のG-1ジャケット好きの皆様、G-1着てますか?




私は全然着ていません。でも、年に一度は必ず着ることにしています。
※画像はG-1の前身、M-422Aです。



G-1を着ている皆様。

ペン挿し、使ってますか?


え~、G-1には、使いにくいポケットが左右に付いていまして・・。
(もともと、地図などを入れるためのものだとか)

その左ポケットのフラップ下に、実はペン挿しが取り付けられています。

いちいちボタンを外してフラップを持ち上げないとペンが出し入れできません。

飛行服として使われていた時代(M422Aなどの時代)には、鉛筆でも入れていたのでしょうか。

間違っても万年筆を入れて空を飛んだりはしていない(インクまみれになりそう)と思いますが、サイズ的にはビッグレッドでもなんとか入りそうですね。





現行品(といっても80年代製ですが)は、入口が二重になっていて、さらに使いにくくなっています。





購入時は、「これを着込んで柔らかくなった頃、ペン挿しが使いやすくなる」なんて説明が添えられていましたが、25年以上経った今でも固くて使う気になれません。

でも、G-1の特徴として受け継がれている、大事なディテールの一つなのです。

既に、G-1を着ている人も滅多に見なくなって久しいですが・・。

MA-1が人気(そういえば今日、L-2Bを着ている女性を見た。流行りのペラペラMA-1だろうと思ったら、エポレットがあってファスナー下のタブも付いていた)だそうですので、G-1人気が復活する日もそう遠くないものと信じています。

そのときは、この左ポケットのフラップ下に秘められた、使いにくくも健気なペン挿しのことを、是非思い出していただきたいものです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
G1はザ・男服なイメージです。
Wranglerのデニムジャケットも胸のポケットのフラップに穴が空いてると思うんですけど、あれもペン刺しなんでしょうか?カウボーイがペン持ってるのも変な気がしますが。

tei-g

2016/02/13 06:59 URL 編集返信
No title
G-1はまさに男服ですね。最近では着用するのに若干の気合いを要するくらいです。

ラングラーのフラップにも、そういえばペン挿しらしき穴がありましたね。ロデオチャンピオンになって子供たちにサインをするときにでも使うのでしょうか・・?

カッタウェイ

2016/02/13 10:08 URL 編集返信
No title
この記事を読んで、
私も G-1 の記事を書きました。

高度で気圧が変わるので、
万年筆だと確かにインクを噴いてしまいそうですよね。
フライトジャケットですものね。

細い軸の BP を挿していたんだろうなと想像しています。

o(^o^)o

London Brahmin

2016/02/13 11:03 URL 編集返信
No title
きゃんでぃ小海老爺様、G-1の記事、拝見しました。

懐かしい地図ライニングのアビレックス製。これを模した革ジャンがよく通販広告に載っていました。アビレックス製は高かった(当時88,000円)ですから・・。

M-422Aの時代(1940年代初期)の海軍機には与圧室もまだなかったのではないかと思いますので、それはインクを噴きまくること間違いなしかと思います・・。

サイズ的にはクロスのセンチュリー、ピッタリですね!

カッタウェイ

2016/02/13 12:14 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>