FC2ブログ

本日のテーマソング「窓ガラスのへのへのもへじ」

ある日ある時、何の前触れもなく、特定の曲が頭から離れなくなり、一日中脳内でその曲を奏でてしまう・・そんな日のそうした曲のことを、私は「本日のテーマソング」とよんでおります。



その曲が好きで好きでたまらないなら結構なことなのですが、10年以上気に掛けたこともないような曲であったりするのが不思議です。

そんな本日のテーマソングは、「窓ガラスのへのへのもへじ」という歌でした。

大学時代にこの歌が好きな(決して私ではありません)知人が何度も聞かせてくれたせいで、たまたまタイトルを覚えていたので、検索してみますと、1985年に「さそり座」という渋い名前の女性デュオ(現役中学生だったとか)が発表した作品らしいです。

しかも「一発屋」などではなく、SWAYと改名して2000年頃まで活躍されていたのだとか。おみそれいたしました。

(歌詞の概要)ケンカ友達の男の子が明日遠くへ引っ越してしまうことを知った女の子が、涙を見せたくないがゆえにお別れに行くことを潔しとせず、窓ガラスに手ずから描いたへのへのもへじに「元気でね」と別れを告げる・・

まるで中観助の「銀の匙」ばりの清廉さです。
その子の机(引っ越し後の)に言及しているあたり、「銀の匙」の主人公が、お恵ちゃんとの別れの翌日、誰よりも早く学校へ行って、お恵ちゃんの席に座り、ヘマムシ入道が書かれたその机をじいっと抱えた前編のラストシーンを彷彿とさせます。

1913年(「銀の匙」前半発表)も、1984年(ヤマハポプコン「優秀曲賞」受賞)も、うら若き少年少女のほのかな恋情には大きな差異は生じていない・・かどうかは分かりませんが、こうした感情を経験しておくことはある種の財産(当事者はそうは思わないでしょうが)になるような気はします。


それから、検索して初めて知ったのですが、サビの部分の歌詞が私の記憶と違っていまして・・。

窓ガラスに描いたへのへのもへじのことを

「泣いているよ」と歌っているものと思っていたら、へのへのもへじに「泣いているの?」と聞いているのですね。

そうだったのか・・。断然、「泣いているの?」のほうが良いですね。

久しぶり(20年以上)に聴いてみたくなりました。

スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>