FC2ブログ

復活。6本の昭和レトロ万年筆

セット販売で購入した1960年代~1970年代の万年筆たち。

本命の一本を除き、選んで購入したわけではない万年筆たち。

しかし、だからこそ生まれた、出会うはずのない万年筆との出会い。楽しませていただきました。

今後は、ガシガシ使って、50年前、40年前の万年筆文化の一部を学ばせていただこうと思います。



上から

1)モンブラン32
2)パイロット デラックストモ
3)プラチナ ポケット(18K)
4)パイロット ヤングY-300GW
5)フエルム F305
6)プラチナ シープ

です。



すべてスタンバイOKとなったペン先たち。

かかった修理コストを振り返ると「セット販売に手を出してはならない」という勉強代という側面を考慮しても痛いものがありますが、1960年代~1970年代の文化に触れる小旅行をしたと思えば高くはありません・・もう行きませんけれど。


スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
懐かしいです。万年筆が大好きで中学時代から
父に買ってもらっていました。
70年代は高校から大学時代。
卒論ももちろん万年筆で書きました。
モンブランが書き心地が良かった気がします。
スペアインクを入れる時の感覚とか
インクの匂いとか蘇るな~。
今はスペアインクなんって言葉、死語ですか?

歌姫

2016/09/27 10:39 URL 編集返信
No title
> 歌姫さん
万年筆を中学時代からお使いとは素晴らしいです。

私はまだ万年筆3年生になったばかり。色々教えてくださると嬉しいです。当時のエピソードや思い出など・・º

スペアインク、カートリッジという表記のほうが目にする機会は
多いような気がしますが、まだご存命の単語かと思われます。

インクの匂いにはアロマテラピーなみに癒されるときがあります。わけもなく懐かしいような。

カッタウェイ

2016/09/27 21:32 URL 編集返信
No title
専門的な事の思い出はありませんが
制服の胸ポケットに万年筆をさして学校に
行っていました。そんな子私一人でした。
クラスの男の子が落としてペン先を割ってしまった時は
泣いて抗議して「弁償して」と迫った記憶があります。

物を書くことが大好きで原稿用紙と万年筆が有れば
ご機嫌な文学少女でした(^_^;)

カートリッジか~。プリンターしか思い浮かびません。
時代を感じるな~。

インクのにおい、良いですよね~。懐かしい香りです。

歌姫

2016/09/27 22:46 URL 編集返信
No title
> 歌姫さん
制服に万年筆を刺して学校へ。男の子にペンを落とされてしまい抗議・・いいお話を聞くことができて感謝です。万年筆が学生時代の思い出に溶け込んでいるなんて、羨ましいです。

カッタウェイ

2016/09/28 18:58 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>