FC2ブログ

ダイヤモンドゲームは永遠の輝き

子供の頃、よく遊んだゲームです。



娘と一緒にやりたくなって、自動販売タイムマシン(ヤフオク)で入手しました。

一度目の対戦では、娘がヤケを起こして終了。

二度目(今日)は辛勝。

次にやったら負けそうです。

娘は、本当はDSがやりたいらしいのですが、懐古主義の父としては、「まずはファミコンから」入門させたいところです。

ファミスタで父が操る「ピノ」の盗塁を阻止できるようになったら、次のステップ(スーファミ)へ進ませるにやぶさかではありません。


と、心の中で呟きつつ、行方不明になった駒を這いつくばって探すのでありました。
スポンサーサイト



コメント

コメント(6)
No title
懐かしいですね。
子供のころ、これとオセロはすごくやりました。
小学生当時、身内の大人とやって勝つと50円もらえて
おこずかい稼ぎをしていました笑
6年生になると殆ど負けないようになりました。

R-R

2016/11/04 14:43 URL 編集返信
No title
> R-Rさん
身内の大人から50円ずつお小遣い稼ぎ、なんだか微笑ましいですね。

先の先を読む力がつきそうなので、娘にはぜひ精進してほしいのですが、負けが込みそうなのでお小遣いの50円は我が家では導入できそうにありません・・。

カッタウェイ

2016/11/04 19:01 URL 編集返信
No title
懐かしい。我が家では何故かピョンピョンゲームと呼ばれていました。ピンを動かす動作からでしょうかね。

tei-g

2016/11/05 14:45 URL 編集返信
No title
> tei-gさん
駒を飛び越すときについつい「ピョンピョン」と口走ってしまいますので、その呼び名はぴったりだと思います。

カッタウェイ

2016/11/05 14:55 URL 編集返信
No title
懐かしいこのパッケージまで画像で紹介してくださり感無量です。今の感覚で見るとショボさは半端ありませんが、当時ダイヤモンドゲームにはプレミアムな雰囲気が漂っていたいたように思います。ちょっと華やいだ気持ちで「ダイヤモンドゲームやろうか!」、こんなこと言っていたのが今や遠い昔となってしまいました。

inigo2012

2016/11/05 20:41 URL 編集返信
No title
> inigo2012さん
ダイヤモンドゲームは駒がちょっと豪華で(人生ゲームの人形に比べると)並べるのが嬉しかったです。

この手のボードゲームは、ゲームとではなく、対戦相手と遊んでいるという実感が得やすくて、やはり楽しいです。

カッタウェイ

2016/11/05 21:28 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>