FC2ブログ

穴が開いてなければフラワーホールに花は刺せない

年末になると、洋服やら靴やらのメンテナンスをしたくなります(大掃除には全く心惹かれないというのに)。

まずはブラッシング。時にはパンツ(トラウザーズ)を裏返して、脇の縫い目を折り返してブラシをかけることをお勧めします。

今年もびっしりとホコリを溜めてしまっておりました。



総裏のパンツ(足首までグルリと裏地が貼られている)なら一撃でホコリを落とせるのですが、生地むき出しのタイプだとホコリの除去に結構手こずります・・。

次いで、前々から気になっていたフラワーホール部分にメス(本当はリッパー)を入れることにしました。



BOOKSTER製ツイードジャケットのフラワーホールは、ミシンでかがってあるだけで穴が開いておりません(BOOKSTERに限ったことではありませんが・・)。

私はこのフェイントのような「縫ってあるだけ」のフラワーホールがどうも好きになれないので、「縫ってあるなら後から穴を開ければいいだけじゃん」と、気が向いたらセルフ「後メス」で穴を開けようと思っていたのです。

そして今日、ついに気が向いてしまったという次第です(魔が差したともいう)。

ハンドでフラワーホールを開けるときには、何か芯のようなものを入れてから縫うらしいのですが、これはミシンでガチガチに縫ってあるので、多分そのような細やかな処理はされていないと思われます。でも、これだけガチガチに縫われていれば、穴を開けてもヨレヨレになったりはしないでしょう、多分・・。

リッパーを入れると、簡単にフラワーホールが開通しました。全開にするのは気が引けたので、八分目くらいの空き具合です。

テストで花を挿してみたかったのですが、家の中に野菜以外の植物が見当たらなかったため、マジンガーブレード(本当はSWANKのタイバー)を突き刺してみました。



来年以降、もういちど魔が差したら、これの裏側に、花の茎を支えるフラワーループを縫い付けてみようか、と、技術を全く伴わない野望を抱くのでありました。
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>