FC2ブログ

1985年。スプライト缶は緑なりき

むかしむかしのことであります。

私はまだ十歳にもなっておりませんでしたが、自販機で見かけるスプライトの白缶が好きでたまりませんでした。

我が家では炭酸飲料がほぼご法度であったため、実際に飲んだことはなく、「大きくなったら飲もう。お小遣いで買おう。」と思って我慢し続けた、憧れの清涼飲料水だったのです。


※右端がその白缶。このブログには何度も登場しております。


ところが・・。

ウルトラマン80が始まるより少し前くらいだったでしょうか(つまり1970年代の終わり頃)、突如として自販機からこのスプライトの白缶が消えたのです。

「いつまでも、あると思うな定番商品」という教訓を残して・・。

小学生の私には過酷な試練でした。その後、林の中で朽ち果てた白缶を見つけたとき、家に持って帰ろうかと本気で悩みましたが、あまりにも錆・汚れがひどかったので諦めた覚えがあります。

結局、私が自動販売タイムマシン(ネットオークション)で、この白缶を手に入れるまで、実におよそ25年の月日が流れることになるのです。

私の憧れだった白缶のスプライトを駆逐した憎き新型スプライト。それがこの緑缶です。





恨み骨髄に徹す新型缶。





しかし、これはこれで・・なかなかの上玉でもあるのです。






白缶への偏愛ゆえ気付きませんでしたが、白缶を手に入れてしまうと、緑缶もよろしい。人間の欲望にはキリがありません・・。






めぞん一刻で、五代くんがこずえちゃんに対して「響子さんがいなければ君のこと一番好きだったろうな」などと勝手なことを考えていましたが、まぁ、私にとってスプライトの緑缶とは、そういった類の存在なのであります。





本当にもう、たかがカンカンなのですけれど。





スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
最高の画像をありがとうございます。スプライトの白缶、子供時代の記憶がこのデザインに濃縮してよみがえってきてなんだか切なくなってしまいます。意外なのが「あきかんはくずかごに」の注意書き。この頃から表示されていたのですね。それと、缶のプルタブ。開けるとびっくりした人の顔のように見えたものでした。

inigo2012

2017/01/18 20:13 URL 編集返信
No title
> inigo2012さん
プルタブを外すと人のびっくり顔。本当にそうですね!全く気づきませんでした。これで空き缶を見るたびに人のびっくり顔を探して楽しむことができます。ありがとうございます。

昔はよく外したプルタブが道に落ちていたものですが、昭和の終わり頃に絶滅しましたね。いいことなのですが・・。

カッタウェイ

2017/01/18 22:30 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>