FC2ブログ

W H TAYLOR(旧COLES)に注文したシャツ届く。

昨年12月に英国のW H TAYLOR(旧COLES)へオンライン・パターンオーダーしていたシャツが届きました。

年末年始を挟んでいたにも関わらず、納期はしっかり守ってくれました。

繁忙期にあまり急がせると、仕上がりが荒くなることがあると聞きますので、ゆっくりで構わなかったのですが・・。 



素材はブラッシュド・コットンということでしたので、もう少しざっくりした生地を想像していたのですが、思いのほか上品な生地でした。

フィットはエクストラ・スリムフィットとのことですが、それはあくまでも英国標準シャツに対してのこと。まだ袖を通してはいませんが、大して細くはなさそうです。

縫製チェックに移ります。やたらに糸くずが付着していますが、そんなことは微塵も気になりません。

縫えてさえいれば。そう、縫ってさえあれば。

さっそく、袖付け箇所に少々気になる現象が。




左肩部分の裏側です。ちょっとワイルドに過ぎるような・・。まぁ、ほつれてこなければいいか・・。

今度は右肩部分の裏側です。うう、これは一体。




いせ込みの一種・・じゃないですよね。二カ所ほど、タック状態というか、幻のダブルクンニョの再現に失敗したとでもいうのか、つまり縫えていません。

手前側のほうは本当に全く縫いがかかっていない箇所があるようです。せめて下側(脇のほう)だったら、ローデンコートばりに「フローティングショルダーだ」と言い張ったり、「G-1だって脇に通気口が開いてるだろ!」と強がったりできたのですが。

まぁ、着ているうちに千切れてこなければ良しとします。5パーセントOFFのクーポンをもらいましたが、次回の注文は袖が外れないことを確認してからとします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
なんてワイルド!
検品、完全にやってませんよね…日本では考えられない感じが、なんとも。
生地は素敵なのに~!!!!あとすこし。
それをも受け止めるカッタウェイさんのイギリス愛の深さが。
さすがに経験積んでらっしゃいますね。

cow*n*1

2017/01/18 21:34 URL 編集返信
No title
> cow*n*1さん
本当に作り立てホヤホヤをそのまま段ボールにぶちこんだという感じでした。検品は客がやるものだと思っているのではないかと心配になってしまいます。

生地は上質で、襟型も好みで、フィット感も良好なだけに惜しいです。縫い手は何人もいるでしょうから、出来不出来は運次第なのかもしれません。

国産パターンオーダーのほうが圧倒的に縫製は良いのですが、あれこれ試しても、なぜかこの雰囲気が出ないような気がするのです。襟型なのか、前立てのせいか、襟芯のせいか、私の単なる思い込みなのか・・。

そこさえ納得いけば、躊躇なく乗り換えてしまうと思います。何度経験しても、この大雑把な検品体制には悲しい涙が・・。

カッタウェイ

2017/01/18 22:27 URL 編集返信
No title
これは、間違いなくダブルクンニョですね。さすがW H Taylor解ってらっしゃる・・・笑

長谷川

riv*0*12*

2017/01/20 23:29 URL 編集返信
No title
> riv*0*12*さん
長谷川さま、きっと「半・分解展」を視察して感銘を受け、ただちに再現を試みたに違いありません。

カッタウェイ

2017/01/20 23:40 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>